頻尿・尿失禁は筋トレで解決?!

近年若い女性の中でもお悩みとしてあげられる「頻尿・尿失禁」。実は筋力低下が原因の一つというのはご存知ですか?人体において排泄というのは大事な現象なのはもちろん、筋肉を使う行動だったのです!

 しかし「恥ずかしいから受診は抵抗がある…」「人に言うのはいやだな」という方が多く、そのお悩みを一人で抱えてしまう方がほとんどです。そしてそれがストレスとなっている方も多いはず。

 筋力低下が原因ということは、筋トレで治すことできます。完治は難しくとも少しの改善は望めるでしょう。一歩勇気を出して取り組んでみませんか?

≪頻尿とは?尿失禁とは?≫

 頻尿とはトイレに行きたくなったり排尿回数が増えることです。そもそもどれぐらいの回数が頻尿の定義なのでしょうか?人の排泄・排尿の一日の平均回数は5~7回といわれています。それ以上の回数で日常生活や仕事に支障が出る、ストレスになる場合改善のための処置が必要です。そしてその主な原因は過活動膀胱といって、何らかの原因で膀胱が過敏になっていることになります。これは尿失禁の原因にもなっており、頻尿と尿失禁は密接な関係がある事を指します。

 そして尿失禁とはトイレ以外の場所で、無意識または意思に反して尿漏れをして生活や仕事に支障が出る状態を指します。尿漏れといっても、量や状態は人それぞれなので一概に尿漏れかというとそうでもないパターンもあります。重要なのは意に反しているか否かです。

 漏らさないようにするためにトイレの回数を増やす→少しの量でもトイレに駆け込む→膀胱が過敏になる・尿をためにくくなる→頻尿・尿失禁が悪化するという負のスパイラルに陥るため、不安やストレスを抱える方が後を絶ちません。こういった生活や仕事、さらには精神状態を悪化させることもあるので心当たりがある場合は早急な対応が必要なこともあるのです。

 ではなぜこういった症状が出てきてしまうのでしょう?それぞれ症状や状態によって原因や対処が分かれてきますが、大きく取り上げると下記の原因があります。

 ■頻尿:過活動膀胱(心因性・非心因性)、膀胱炎、骨盤臓器脱(骨盤が緩み、臓器がはみ出すこと)…etc

 ■尿失禁:骨盤底のゆるみ、周辺筋肉の筋力不足、薬による副作用…etc

 他にも原因はたくさんあり、症状別でさらに分かれてくる場合があります。しかし総じて言えるのは体操や筋トレで予防できる場合もある、ということです。

≪骨盤底筋を強くしよう!≫

 頻尿・尿失禁を密接な関係にあるのが、骨盤底筋です。腸や胃といった内蔵を下から支える筋肉で尿道や膣、肛門を動かす筋肉とされています。骨盤底筋体操では比較的症状の軽い頻尿・尿失禁の改善に効果的ですが、予防にも使えるのでお家で是非やってみてください。

 骨盤底筋はそもそも男女ともに緩むことが少ないのですが、女性は妊娠・出産・閉経・更年期といったライフステージによって筋肉だけでなく骨盤底そのものが緩んでしまいます。またホルモンバランスの乱れによって骨盤底筋のハリを維持するホルモンが減るため緩んでしまうのです。さらに男性にも共通して加齢や肥満が内臓や体を支えられない為、骨盤底・筋肉ともに緩めてしまう原因にもなってしまいます。

 ■骨盤底筋体操

 1.仰向けの姿勢で膝を立てます。リラックスした状態で行いましょう!

 2.お腹に手を当て、肛門・膣・尿道に意識をもって胃の方へ引き上げるように締めます。

 3.10秒ほどキープして30秒力を緩めましょう。これを1日2~3セット行います。

 4.速いテンポで10回ほど行うのも効果アリ☆

 ※慣れてきたら、座った状態や四つん這いの状態など姿勢を変えて行いましょう°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

難しくなさそうで、意外とキープが難しいです。他にも効果的な体操やトレーニングはあるので気になる方は是非お問合せ下さいね!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フィットネススタジオPLEEROO  
 岐阜県可児市川合772‐3  
tell 0574‐60‐1136  
Mail contact@pleeroo.fit

youtubeはこちら!https://www.youtube.com/channel/UCesrTyAzJWduwWpH6cuiSPA?view_as=subscriber

Instagramはこちら!
https://www.instagram.com/pleeroo/ ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メニューを閉じる